ページの先頭
会 員 施 設
丹沢レジデンシャルホーム
さがみ緑風園
横浜らいず
れいんぼう川崎
アガペ壱番館
足柄療護園
よこはまリバーサイド泉
水平線
リエゾン笠間
【K-フレンズ事務局】
〒243-0035
神奈川県厚木市愛甲1-7-6
担当:鈴木治郎・鈴木浩平
TEL:046-258-6400
FAX:046-247-7508
E-mail:ここをクリック
以下本文

 当事者委員紹介

みなさんからのお話を聞く当事者委員です!

天野勇司の写真
天野 勇司(あまの ゆうじ)
NPO法人CORE 理事長

私自身、頚髄損傷となってから、長期の施設入所や様々な福祉サービスを利用し現在に至りました。その経験を生かし、相談される方の抱えている悩みを解決すると共に、可能性を少しでも広げられるようお手伝いさせて頂きます。

また、このネットワークシステムの当事者委員として参加できることを大変うれしく思っておりますので、よろしくお願いいたします。

笠羽美穂の写真
笠羽 美穂(かさば みほ)
無所属

10歳から母の友人に誘われ、さえずり亭ひばり という高座名で車椅子落語家として活動。新忘年会・区民祭り・敬老会地域の催し物 など様々なイベントに笑いで花を添えている。

2006年1月、恩師からの紹介、多くの方のご支援により半年間デンマーク留学をする。同年、9月には国際協力機構(JICA)の特別企画として「障害者セミナー」を開催。講師としてモンゴルへ招かれ、海外での初仕事を果たす。

08年、7月には(社)日本青年会議所が主催する 青年版 国民栄誉賞にあたる”人間力大賞”特別賞を受賞。以後、出身の横浜市を中心として、東京都や千葉県で主に当事者、当事者家族、地域で活動するボランティアを対象に多数の福祉講演で講師を務める。

09年7月より、㈱アイ・ディアヒューマンサポートサービスにて、プロカウンセラートレーニングコースを受講。

10年10月、プロカウンセラートレーニングコース、修了試験に合格。

11年4月、心理カウンセラー実技試験に合格し、資格取得する。

金子寿の写真
金子 寿(かねこ ひさし)
F.L.C.会長

私も以前に施設を利用した経験があります。私自身の体験も生かし、皆さんが困っていることや不安なことを改善して、安心して暮らせるように頑張って活動して行きたいと思います。

皆さん、よろしくお願いします。

日下部孝子の写真
日下部 孝子(くさかべ たかこ)
無所属

誰にでも、悩みや不安はあると思います。皆さんのお話を聞かせてもらい、毎日、気持ち良く、楽しく、生活できるよう一緒に考えていきたいと思います。

どうぞ、よろしくお願いいたします。

鈴木浩平の写真
鈴木 浩平(すずき こうへい)
ヒューマンネットワーク湘南 代表

支援費制度を目前に控えて、これから我々障害者を取り巻く環境はどう変わっていくのでしょうか?それはたぶん誰も知らないと思います。

なぜなら、人の可能性は誰にも計れない(決めらねない)からです。そんな問題とK-フレンズは、これから共に歩んでいきます。

さあ!みんなも一緒に!!

鈴木治郎の写真
鈴木 治郎(すずき じろう)
神奈川県障害者自立生活支援センター 理事長

待望の当事者主体による当事者のためのネットワークシステムに参加できることに大変うれしく思っています。

相談員として自己満足することなく、「共に育ちあう」よう気を引き締めていきますので、ご協力をお願いします。

玉井明の写真
玉井 明(たまい あきら)
神奈川県障害者自立生活支援センター 理事

この度、新しく当事者委員に加わらせていただきました脳性マヒのおじさんです。

格差社会の象徴としての自立支援法の存在。その結果として地域で生きるのも大変、そうかと言って施設暮らしも大変な昨今。

そのような状況の中で今、私たちに出来る事は何か?を考えた時、私は県内の障害者が情報を共有化することによって自分の権利やこれからどう生活していくのか、そして自分をどう守るかを皆さんと一緒に考えることだと思っています。

かながわ身体障害福祉ネットワークでも宜しくお願い致します。

山口祥太郎の写真
山口 祥太郎(やまぐち しょうたろう)
NPO法人 ディサービスセンター・キルク 理事
F.L.C. 副会長

昭和54年5月にギラン・バレー症候群にて脊髄を侵され四肢不髄マヒで車いす生活となりました。私は急性期から復帰まで約5年の月日がかかりました。

そこで、障害のみなさまが抱える様々な悩みや問題があれば、永年の経験を活かし相談に応じ、解決のお手伝いをさせて頂きたいと思います。

矢野公代の写真
矢野 公代(やの きみよ)
神奈川頸髄損傷者連絡会 副会長

26才の時に脊髄炎から頸髄損傷者となり、神奈川リハビリテーション病院、七沢更生ホームを経て在宅となる。

神奈川頸髄損傷者連絡会に入り、国際障害者年の自立生活セミナーやその後の運動に参加、自分を奮い立たせても言わなければ何も変わらないを体験。

今は地元小田原の交通アクセスの活動を中心に動いています。みんなの声を聞いて、少しでもみんなの役に立てればと思っています。

好きなことはテレビを見てのんびり過ごすこと。カラオケや花をみること、食べることも好きかな。嫌いなもの、ごきぶり、むかで、蛇。

猿渡達明の写真
猿渡 達明(さるわたり たつあき)
神奈川県障害者自立生活支援センター

皆さん、初めまして猿渡達明と申します。

8年ぶりに相模原市に戻り、ネットさがみはらで活動していましたが、現在はKILCで活動をしています。

今回はK-フレンズの仲間として加入させて頂きました。皆さんの多くの声を聞いて活動できるように頑張ります。

(順不同)

本文の最後
以下サイトマップページの先頭へ