ページの先頭
会 員 施 設
丹沢レジデンシャルホーム
さがみ緑風園
横浜らいず
れいんぼう川崎
アガペ壱番館
足柄療護園
よこはまリバーサイド泉
水平線
リエゾン笠間
【K-フレンズ事務局】
〒243-0035
神奈川県厚木市愛甲1-7-6
担当:鈴木治郎・鈴木浩平
TEL:046-258-6400
FAX:046-247-7508
E-mail:ここをクリック
以下本文

 規 約

かながわ身体障害福祉ネットワーク規約

(目的)第1条
かながわ身体障害福祉ネットワーク(以下「かながわ身障ネット」という)は、障害当事者が神奈川県内の身体障害施設における利用者及び関係者から相談・苦情等を受け、身体障害者の権利保障の視点からサービス利用者と提供者との間の調整を行い、もって、相談・苦情の解決を図ることを目的とする。
(会員)第2条
会員は原則として、神奈川県内にある身体障害者療護施設(当該施設に併設された居宅支援事業等を含む。)とする。
2.前項のほか、委員会の承認を得て第3条に定める会費を納めることにより会員となることができる。
(会費)第3条
かながわ身障ネットの会員は、次の算出根拠により年会費を納めなければならない。 
施設定員1人につき1,500円
2.前項の年会費は、事業開始年度当初に一括払いとし、年度途中の入会及び退会においても同額とする。
3.会員に特別の事由があるときは、委員会の議決により年会費を減免することができる。
(組織)第4条
委員会は、次の区分より選出された委員をもって構成する。
 (1) 障害当事者による当事者委員
 (2) 学識経験者等による専門委員
2.委員長及び副委員長は、委員の互選により選任する。
3.委員長は委員会を統括し、委員長に事故ある時は、副委員長が委員長の職務を代行する。
4.この事業を推進するため、必要に応じ、協力員を置くことができる。
(委員等の任期)第5条
委員及び協力員の任期は2年とし、再任を妨げない。
(委員等の補充)第6条
委員または協力員が辞任したときは、新たな委員または協力員を補充するものとし、その任期は前任者の残任期間とする。
(委員の報酬)第7条
委員の報酬は、活動1回につき4,000円とする。また、活動経費(交通費・通信費等)については実費精算とする。 
2.協力員には、報酬及び活動経費は支給しない。 
3.委員の報酬について、前各号によりがたい特別の事由がある時は別に定めるところによる。
(委員・協力員及び委員会の職務と権限)第8条
当事者委員は交代により、原則として、加盟施設を月1回訪問し、利用者及び関係者等から施設の運営やサービスについての意見・要望や苦情等の相談を受け、目的達成のために必要な助言あるいは指導を行う。但し、当事者委員が施設サービスを利用している場合にあっては、その利用施設以外の施設とする。
2.専門委員は、当事者委員の要請に基づき、同行訪問などによる専門的な支援を行う。
3.当事者委員の活動結果は、随時、事務局へ報告し、事務局より他の委員へ報告する。
4.委員会は、必要に応じて委員長が招集する。なお、委員長は、必要に応じて、協力員の出席を求めることができる。
5.委員長は、委員から委員会の開催を要請されたときは、速やかに委員会を開催しなければならない。
6.委員会は処理内容を審査し、必要に応じて、当該施設に専門委員等を派遣して状況聴取を行う。
7.かながわ身障ネットでの解決が困難なとき、あるいは重要案件と認定したときは、当該施設の苦情解決責任者あるいは関係する公的機関に報告し、速やかな解決を図る。
8.協力員は、当事者委員の施設訪問等の支援を行い、事務局員としての役割を担う。
(報告)第9条
毎年度、加盟施設へ事業及び会計報告を行う。
(事務局)第10条
事務局は、神奈川県障害者自立生活支援センターに置く。
(守秘義務)第11条
委員・協力員及び事務局員は相談者及び相談内容について守秘義務を負う。また、その職を辞した後も同様とする。
2.相談内容を当該施設へ報告する際は、事前に相談者本人の了解を得なければならない。
附 則
この要綱は、平成25年4月1日から施行する。
かながわ身体障害福祉ネットワーク委員会

本文の最後
以下サイトマップページの先頭へ